シロアリ駆除は数との勝負!|プロに任せる理由

男の人

特徴を知り正しい対応を

ハクビシン

生態を理解する

ハクビシンは、ネコ目ジャコウネコ科の野生動物です。体調は50センチ前後で体重は2〜3kg程度です。主に山里に住んでいる動物ですが、最近は首都圏の住宅街などでも見かけるようになりました。それに伴い、被害報告も増えてきております。ハクビシン駆除を行うに当たり、まずは生態を理解してその行動パターンに注意しておく必要があります。ハクビシンは夜行性でして、昼間は屋根裏や岩穴などに潜んおります。また木登りが得意で都心では電柱を登っている所を目撃されております。餌は野菜や木の実の他に、虫や小動物も食べます。最も注意しないといけない点は、ハクビシンには攻撃性がある事です。ハクビシン駆除の際、素手で捕まえようとするとケガをする可能性がありますので、気をつけましょう。

効果的な器具を使う

ハクビシン駆除を行う為には、いくつかの器具が効果的です。ここでは代表的な器具の特徴について紹介します。一般的なハクビシン駆除用器具は、捕獲器です。生活への被害を受ける可能性がある場合が、自治体の許可を得たうえで捕獲器を設置する事が出来ます。ハクビシンの通り道や寝床に設置して、餌でおびき寄せます。忌避剤でハクビシンを追い払う事も効果的です。臭いを発生させる害獣用の忌避剤が使用できます。侵入口を見つけたら、忌避剤を設置していきましょう。ハクビシンはニンニクの臭いも苦手なので、ニンニクの欠片を置く事も有効です。ネットやフェンスを使って、ハクビシンの侵入経路をふさぐ事も大事です。これは、ハクビシン駆除対策としてやっておきたい作業です。このように、ハクビシン駆除に特別難しい器具は使いません。一般的な器具で対応できます。