シロアリ駆除は数との勝負!|プロに任せる理由

男女

なんとかしたい害獣被害

白蟻被害

ハクビシン駆除業者では、いろんな工夫によって利用者が納得できるサービスを提供しているようです。例えば、明朗な料金形態を示していることや、面倒な手続きに関して一切を請け負ってくれるなどです。また見積もりだけなら無料というところもポイントです。

More...

非常に多くなっています

男性スタッフ

ハクビシンは新たな害獣として、多くの方々に被害をもたらしています。自宅などにハクビシンがすみついてしまったら、早急にハクビシン駆除を行う必要があります。放置しておくと様々な被害にあってしまう可能性もありますから、早急にハクビシン駆除を依頼しましょう。

More...

大型害獣と言われるもの

シロアリ

さまざまな害虫は、確実に私たちの生活空間に存在しているとされています。そして大型害獣と言われているハクビシンやアライグマ、イタチなども、最近では都会でも多く発見されているようです。体長にして50センチから70センチほど、体重が3キロから8キロもの生物が、屋根裏などに忍び込み走り回る活動を始めると、うるさくて夜もおちおち眠っていられないことでしょう。また、当然のことながら糞尿も大きな問題となります。悪臭を放つようになったり、天井がシミになったりといったこともよくあります。そして厄介なのが、糞尿が影響を及ぼす衛生面での二次被害です。食中毒や感染症などのきっかけともなりかねないことから、早めの対処が望ましいでしょう。

ハクビシン駆除にはいくつかの方法がとられます。よく言われているのが2通りあり、ハクビシン駆除後に出入口を塞いでしまう方法と追い出してから塞ぐ方法です。追い出す場合には、燻煙剤の煙や刺激臭のする木酢液や忌避剤で追い払っていくことになるようです。ポイントは、出入口からなるべく遠い場所から仕掛けていくことで、事前にその場所を把握しておかなければなりません。そしてハクビシン駆除してから行なう場合です。この方法は地元の役所などに申請を要することになり許可が下りてはじめてハクビシン駆除が行なえるようになります。網や罠を仕掛けたり、状況によっては射殺したりすることも選択肢としてあるのです。また罠での駆除には狩猟免許が必要とされています。また、自分での駆除が難しいのであれば、ハクビシン駆除の業者に依頼するのも一つの手です。効率的でスピーディな駆除のほか、これからもハクビシンが寄り付かないような処置などをしてくれることがあります。

一方、害虫の代表とも言えるシロアリ駆除に関しても、業者に依頼するのが安心でしょう。シロアリ駆除は、ハクビシンなどの大型害獣とは異なり、その数が膨大です。一匹も残さずにシロアリ駆除を完了させるには、やはりプロの技が必要になるのです。現状を確認してから最適な駆除方法を考えて実施してくれますので、高い効果のあるシロアリ駆除が期待できるでしょう。

特徴を知り正しい対応を

ハクビシン

ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科の野生動物です。山里に生息する動物ですが、最近は首都圏の住宅街でも見かけるようになりました。そして被害報告も増加しております。ハクビシン駆除には、捕獲器や忌避剤が有効です。またネットやフェンスを使って侵入経路をふさぐ事も大事です。

More...